鹿児島観光情報

鹿児島にはたくさんの観光スポットがありますが、同時に楽しんでおきたいのがグルメという要素です。そのため、これから鹿児島へとお出かけを考えているならば、グルメ三昧の旅を考えてみてもいいのではないでしょうか。豚肉料理やさつま揚げなど、おいしい食べ物がたくさんあるエリアですから、このような楽しみ方をしてみるのもひとつの考えとしてあると思います。

鹿児島で豚を食べ尽くす
鹿児島には豚肉料理が豊富に存在しています。そのため、このエリアに旅をするのであれば、夜のグルメは忘れないでおきたいものです。もちろん、夜でなくてもいいのでしょが、しゃぶしゃぶなど豚肉を最高の形で食せる夕飯が多いので、とくに楽しみにしておきましょう。この要素を忘れてしまうと、少しばかりもったいない旅行ということになってしまうものです。

九州新幹線でアクセス向上
鹿児島エリアには今現在、九州新幹線が走っています。鹿児島中央駅まで新幹線が走っています。この新幹線自体は博多から走っているわけですが、その先には山陽新幹線があり、その更に先には東海道新幹線がありますので、かなり乗り継ぎも便利になっています。こうした交通機関を活用した旅行ツアーがたくさんありますので、旅行ツアーの活用を考えてみましょう。

さつまあげも忘れずに
鹿児島といえば薩摩であり、さつま揚げはあまりにも有名です。そのため、このエリアに向かう際にはさつま揚げの存在も忘れないようにしておきましょう。お土産品としても高い人気があるので、これらを買うことも忘れないでおきたいものです。旅の楽しみの一つがお土産ですから、この点も覚えておきましょう。

パックが便利
このように鹿児島はアクセスもよく、多くの旅行ツアーが用意されていますので、旅行に行く際には個人でプランを組み立てるのではなく、こうした旅行ツアーの活用を考えてみましょう。ツアーであれば自分で個別に手配をする必要がありませんから、とても便利です。また、おおまかなパッケージがあるものの、細かい行き先などは自由というパターンのものもありますので、あまり行動を制約されたくないというような思いを持っている人であっても安心です。

こうしたプランには本当に様々なものがありますので、自分にとってベストな物をまずは見つけ出してみましょう。人それぞれ旅に行きたい思いは異なるのでしょうから、そんな思いにベストな旅行ツアープランを選んでおくことが大事になるのです。新幹線 格安

九州新幹線で鹿児島旅行

九州新幹線が開通して、鹿児島への旅は、新幹線を利用した旅行ツアーが仲間入りをしてバリエーションが豊富になりました。全国各地から九州上陸まではスムーズでしたが、鹿児島まで向かうのに時間がかかっていました。ですが新幹線の開通により、移動時間が短縮され鹿児島が身近なものになりました。

世界的観光名所
鹿児島の観光地は、自然を中心としたものが多いのが特徴です。桜島は日本でも有数な活火山で世界的にも有名な火山です。観光名所でもある桜島ですが、非常に活発な火山ですので噴火情報などには注意をしておく必要があります。
鹿児島は離島においても、有名な島があります。屋久島です。屋久島はその面積の約21%が世界遺産に登録されており、世界的にも有名な島です。手付かずの自然や縄文杉など、自然の美しさにあふれた島ですので、旅行ツアーでは人気のスポットになっています。ですが縄文杉まではかなりの距離を歩かなくてはいけません。体調管理には気をつけるようにしてください。

移動方法
鹿児島を旅行する際に気をつける点は、時間です。都市観光と違い、市内以外は公共交通機関はそれほど発達していません。自由度の高い旅行ツアーなどを使用し、レンタカーを利用したほうが有利に思えますが、鹿児島県の地形は桜島を中心に大隅半島と薩摩半島に分かれています。どちらにも観光名所があるのですが、車や電車で移動となるとかなりの時間を要します。そのため半島同士を結ぶフェリーを使うことになるのですが、車も乗せるとなると料金に差がでてしまいます。
櫻島を眺める船旅は楽しいものですが、バスツアーがパッケージされた旅行ツアーを使ったほうが、車を乗せるフェリーよりもお得だといえ時間的も有効に使ってくれるはずでしょう。

ご当地グルメ
九州といえばとんこつラーメンですが、鹿児島のラーメンは一味違います。白濁スープを使う久留米ラーメンの流れが九州ラーメンの特徴ですが、ここのラーメンは鶏ガラや野菜に加え煮干や昆布や干し椎茸などの乾物も使うスープで、白濁していません。市内のラーメンはこのようなタイプですが、枕崎ではかつおだしをふんだんに使ったかつおラーメン。まぐろを使用した串木野まぐろラーメンなどオリジナルラーメンでも有名です。
またご当地グルメとして黒豚を大量に使用した黒豚わっぜえか丼や、缶詰の果物を乗せ練乳をかけたカキ氷の白くま。全国に普及している薩摩揚げなど、食に関しても楽しんでいただける土地柄でもあります。

ここを訪れる際には新幹線を利用した旅行ツアーで、観光バスがパッケージされたものが最適だと思います。九州新幹線の開通により利便性が上がったのも理由の一つですが、この土地は焼酎で有名です。酒飲みにとっては憧れの地でもあります。二日酔いの状態ではレンタカーの運転は不可能であり、自分の足で移動するのも困難な状態です。そのため観光バスを使ったツアーがお勧めだといえるのです。新幹線 格安

鹿児島旅行

新幹線を利用しての鹿児島の旅行ツアープランは、旅行会社から日帰りプランや宿泊プランが商品としてあります。新幹線を利用して鹿児島まで移動することができるので、気軽な旅行を満喫することができます。

鹿児島
鹿児島は九州の南部にあり、県本土の最南端にあります。県庁所在地となる鹿児島市では九州新幹線の終着駅があり、新幹線を利用しての観光ができます。世界遺産の屋久島や種子島宇宙センターなど観光を名称が多くあるので、1日だけでは周り足りない時間となります。離島地域では亜熱帯地域に含まれていますが鹿児島県本土では冬でも温暖で暖かいイメージが強いですが、寒気の影響を受けやすい地域なので、時期によっては厳しい寒さの天気となるとことがあります。また桜島の噴火にも毎日注意が必要になります。

鹿児島の特徴
鹿児島は薩摩国と大隅国は鹿児島として明治になると県として成立します。古代の時代では隼人と呼ばれている民族が鹿児島に多く住んでおり中央政府の大和朝廷と度々反乱を起こします。鎌倉時代から現在の鹿児島県は島津氏が納める土地となりそのまま島津氏が戦国大名となります。安土桃山時代や江戸時代になっても変わることなく島津氏が支配する地域として明治維新を迎えます。鹿児島は江戸時代になると島津家が琉球王国を付属させて領土に組み入れ、当時貴重な砂糖の商いにより莫大な利益を上げています。そのため江戸時代を通じて江戸幕府にとって安心できない大名の1つと島津家が警戒されていきます。この江戸幕府の心配は明治維新の通り現実化されその後多くの薩摩藩出身の人たちが、明治時代に活躍していきます。

鹿児島へのアクセス
鹿児島県は、九州新幹線の鹿児島ルートの全線開通により鹿児島中央駅と博多駅を結ぶ新幹線を利用することができます。また、山陽新幹線との相互乗り入れが1部の列車により可能となり新大阪駅から山陽新幹線を利用する場合には鹿児島中央駅まで乗り換えをすることなく移動することが可能でこれを利用した旅行ツアープランがあります。また、中部地方や関東地方から鹿児島へ新幹線を利用しての旅行ツアーを楽しむ場合には、博多駅で乗り換えを行うことになります。博多駅から九州新幹線の鹿児島ルートを利用して鹿児島まで行くことができます。鹿児島での旅行ツアープランでは宿泊プランを利用することで離島への観光が可能となります。

鹿児島は、九州新幹線の開通により東海道新幹線や山陽新幹線を利用した新幹線の旅行ツアープランを旅行会社が提供しています。このおかげで、宿泊プランを利用することで離島への観光も可能となります。